2012年09月30日 (日) | 編集 |
fairly-hutaba.gif


29日付けの中日新聞で、大リーグに関する
とても感慨深い記事を見つけました。

皆さんは、7年前に米大リーグでデビューして
初打席の初球が頭部死球となり
その後メジャー復帰がかなわなかった選手、
『アダム・グリーンバーグ外野手(31)』
をご存知ですか?


以下、記事の一部をそのまま抜き出していますので
良かったら、読んでみてください^^



line-star.gif

カブスに在籍したグリーンバーグは
2005年7月9日のマーリンズ戦で待望のデビュー。
9回に代打で出たが148キロの速球を後頭部に受けて退場。
視覚障害などに苦しみ、たった1打席で夢の舞台を去った。

その後はマイナーや独立リーグなどでプレーし、
ことしはイスラエル代表として
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の予選に出場した。

米メディアも諦めずに野球に取り組む努力家に注目。
テレビ番組などで取り上げられ、
因縁の相手マーリンズが契約を申し出た。

ロリア・オーナーは
「彼の野球に対する愛と情熱が、このチャンスをもたらした」と歓迎。
給料は慈善団体に寄付される。

グリーンバーグは 「何が起こってもいい。
打席に入った時点で夢がかなうのだから」
と心待ちにしている。


line-star.gif



いかがでしたか?
米大リーグは、アメリカのみならず世界中の野球少年たちが
あこがれる世界。
でも本当に、ほんの一握りの、才能ある努力家しか
夢をかなえることができません。

そこに居場所を獲得したグリーンバーグ選手。
これから始まる、厳しくも夢の勝負の世界での生活、
希望に満ちていたにちがいありません。

それなのに、そのチャンスを掴んだと同時に
あっけなくその場所から追われてしまうとは・・・・・。

そんな出来事にも、障害にも負けず、よくこれまで諦めずに
頑張ってこられたなぁ、と感無量になってしまいました。


グリーンバーグ選手は、10月2日のメッツ戦に出場します。
(日本時間 10月3日)
契約されたのは「たった1日」ですが、
その日が終わっても、変わらず、また夢を
追い続けてくれることを願わずにはいられません。

その日が終わっても、ぜひ注目していきたいです(*^^*)!



fairly-hutabagirl.giffairly-hutababoy.gif



スポンサーサイト
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記
2012年09月26日 (水) | 編集 |
tenshi2.gif
25日付けの中日新聞に、
心の琴線にふれる記事を見つけました゜*。
『夜回り先生』として有名な『水谷修先生』のコラムの中です^^

以下、記事そのままに抜き出していますので
良かったら読んでみてください(*^^*)


shabon1.gifshabon2.gif

2007年、カナダのノバスコシア州の9年生が、
(カナダは日本の高校まで、すなわち小学校からの12年間が
義務教育となっています。ですから、この生徒は、日本でいえば、
中学3年生が)、ピンクのポロシャツを着て登校したのですが、
ホモセクシュアルと言われ、暴力まで受けるいじめにあいました。

それを知った12年生、つまり日本では高校3年生の2人の生徒が、
町中を走り回って50枚のピンクのシャツやTシャツを買い、
クラスメートにそれを来て明日登校してくれるように頼みました。

次の日、学校はピンクのシャツを着た生徒であふれ、それ以後、
その学校でのいじめはなくなったそうです。

これは、報道を通じて、またたく間にカナダ全土に広がり、
学校でも会社でも、いじめを自分は認めない、その意思表示として、
ピンクのシャツを着るようになったそうです。

現在カナダ全土では、毎年2月の最終水曜を『ピンク・シャツ・デー』として、
政治家や会社員、子どもたちまでもがピンクのシャツを着て、いじめは、
この国では絶対認めないという意思を表明しています。


shabon1.gifshabon1.gifshabon1.gif


いかがでしたか^^
わたしは、そういう知恵がうまれ、行動できる彼らに心から感嘆しました゜*。
またカナダというお国柄をあらためて素敵だなぁと思いました
。+゚(*´∀`*)。+゚


以前、アメリカ生まれカナダ育ちのジョン・ギャスライトさんの
『ジョンさんのナゴヤ日記』というコラム(同じく中日新聞)の連載を
楽しみに読んでいたことがあります。
そのエピソードを読むたび、カナダという国やそこに住む人達の
人柄に感激していたのを思い出します(*^^*)

ジョンさんの曇りのない眼があったからこそ見つけられた美談だろうなぁ
とも思いますが、常識にとらわれない、自立した、凛とした個々というものが、
そこにはちゃんとあるようでした^^


うまく言えなくて、ごめんなさい゚。(*^▽^*)ゞ
夜回り先生の、心がほっこりする素敵なエピソード、皆さんに
お伝えしたくて書いてみました(*^^*)

日本でも、こんな心の大きな子供たちが育ってくれてるといいなぁ
と心から思います。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))




kirari.gif
hana.gifhosi.gif
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記